リスクについて比較

株とFX どっちがお得?

リスクについて比較

投資をするにはリスクは避けられません。
だからと言って恐れるのではなく、リスクを知ってリスクを避けることを重要視してみましょう。
株もFXもリスクがあると踏まえた上で比較してみたいと思います。

まず、株には「ストップ高ストップ安」があります。
ストップ安は、買いたい人よりも売りたい人が上回っているという状況。
これは売りたいときに売れないことがありますし、売れないまま下回ったら、最悪株は紙切れになってしまいます。
この最悪の状況が、暴落というやつです。

一方、FXは暴落しても、売りたい時に売れないということはありません。
ただし、追証などの制度は同じ。
強制決済もあるのでご注意を。

急激に動いたときに一切ストップしないFXと、売り買いできない可能性があってもストップがある株。
どちらにもメリットデメリットがありますよね。

そして、FXの最大のリスクと言えばレバレッジというシステムです。
FXは低資金でも大きな取引ができるシステムがレバレッジです。
日本では25倍が最大ですが、株に関しては信用取引で3倍まで。

よくある勘違いが、レバレッジ25倍にすれば利益も損失も25倍。
この考えは間違ってます。

1倍だろうが、25倍だろうが最小単位の値動きがあった際は10円の損益です。
何倍にしようが、利益も損失も同じということは覚えておいてください。

レバレッジはリスキーだという声をよく聞きますが、この勘違いをしている人が多いのでご注意を。

利益について比較取引時間について比較
copyright(C)株とFX どっちがお得?